儀本先生による最近の歯科治療ニュース

2013.08.28更新

差し歯とは、歯の根に土台をたてて、冠を被せた歯の事をいいます。ですから、歯を抜いた所にはできません。また、土台と冠と、二回、型取りが必要な場合があります。その理由は、土台と冠を一体の物にすると、力が直接、歯の根に伝わり、根が割れてしまう確率が高くなるからです。そのため、今では、ほとんどの場合、土台と冠は別々になっています。また、土台と冠の素材を変える事によって、より、根の破折を避ける治療法も進んできています。

投稿者: 矢切ファミリー歯科

2013.08.24更新

検診で来て、痛いところもなく、歯石をとってもらいたいだけなのに、なぜ、レントゲンを撮るのだろう?と思う患者さんも少なくないと思います。それについて簡単に説明させていただきます。お口の中は、人間の体の中で、一番ばい菌の多いところと言われています。そのため、一年でもたっただけでも隠れ虫歯ができていたり、歯を支える骨が歯周病により吸収していたりします。そのため、当院では1〜2年に一度(お口の状態によって個人差があります)レントゲン検査をお勧めしております。また、レントゲンによって、骨のなかの病巣や、腫瘍などの病気の早期発見にもつながります。お口のなかも、からだの他の部分と一緒で、見た目(視診)だけでは正確な診断をする事は難しいのです。

投稿者: 矢切ファミリー歯科

2013.08.16更新

通常診療しております。

投稿者: 矢切ファミリー歯科

2013.08.07更新

8月12日〜15日まで、休診とさせていただきます。御迷惑おかけしますが、よろしくお願いします。

投稿者: 矢切ファミリー歯科

24時間web予約受付中 儀本先生による最近の歯科治療ニュース スタッフブログ